金谷 範三

墓石の位置:1-1-2-20
主要経歴:陸軍大将

1873年4月24日 - 1933年6月6日

1873年4月24日:医師、金谷立基の二男として大分県で生れる。
1894年7月:陸軍士官学校(5期)を卒業
1894年9月:陸軍少尉。
1901年11月:陸軍大学校(15期)卒業。
歩兵第3連隊中隊長、参謀本部出仕、陸大教官、ドイツ大使館付武官補佐官、参謀本部員、
オーストリア大使館付武官、歩兵第57連隊長、参謀本部作戦課長などを歴任。
1918年6月:陸軍少将。
支那駐屯軍司令官、参謀本部第1部長などを歴任。
1922年8月:陸軍中将。
第18師団長、参謀本部次長、陸大校長、朝鮮軍司令官などを歴任。
1928年8月:陸軍大将。
軍事参議官、参謀総長を歴任。
1931年12月:軍事参議官。


 
 
 

Copyright (C) 2005 Yoshitaka Honishi, All Rights Reserved.

inserted by FC2 system